残念ながら、レーシックは5人に1人が手術を受けられません。

ところが、手術を受けるかどうしようかを悩む方が大勢います。

自分がレーシック手術を受けられるかどうかを知らないままで・・・。

今は多くのLASIK専門病院で「無料の適正検査」を簡単に受けられます。

行動せずして「悩み」を打破する困難は皆さんも充分経験されていると思います。

ですから、自分の体を良く理解するためにも、こういった無料の適性検査を活用することは賢い行動のひとつだと思います。

そして、その上で、LASIKのことを正面から、冷静に、考えてみて欲しいと思っています。



□□□□□□□□□□ <レーシック失敗&成功 体験事例集> □□□□□□□□

@品川近視クリニック A錦糸眼科 B神奈川クリニック眼科 C神戸クリニック

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

レーシック手術の成功・失敗 視能訓練士(ORT)

レーシック手術の成功・失敗 視能訓練士(ORT)

あまり知られていない資格の一つかもしれません。

視能訓練士(しのうくんれんし)。

ですが歴史は古く、昭和46年に制定された「視能訓練士法」という法律に基づく国家資格をもった医療技術者です。

ほとんどの視能訓練士は、眼科で医師の指示のもとに視機能検査を行うと共に、斜視や弱視の訓練治療にもたずさわります。

視機能検査は、視力、視野、屈折、調節、色覚、光覚、眼圧、眼位、眼球運動、瞳孔、涙液、涙道などの検査の他に、超音波、電気生理学、写真の撮影検査などを行います。

これらの検査によって得た正確な検査結果が適切な診断治療につながる。

このことから、眼科診療チームの一員である専門職として認められてきました。

視能訓練士になるには、高卒の場合3年以上、大学・短大卒及び看護学校卒の場合1年以上の所定の教育課程を修めた後、国家試験に合格することが必要です。

つまり、視能訓練士は視機能検査と視能矯正のエキスパートということです。

LASIKでも、信頼できる病院では視能訓練士さんに検査スタッフのリーダー職を任せるなどしています。

安全な手術には、正確な検査が不可欠です。

そのために、施術する医師と検査をする看護士の間で、良きパイプラインとしての重要な役割として機能する視能訓練士が居ることは、病院選びをする上で欠かせないポイントです。





レーシック手術の成功・失敗 情報・体験 >> トップページへ




↑レーシックに関する書籍も豊富



エコバッグ
エルメス
ネックレス
ダイエット
簡単ダイエット
ダイエット・レシピ
レーシック失敗
節約通販
2ショット チャット
通販節約
節約通販ブログ
節約通販卸値
中古 ブランド品(アウトレット)
コスメ 簡単
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。