残念ながら、レーシックは5人に1人が手術を受けられません。

ところが、手術を受けるかどうしようかを悩む方が大勢います。

自分がレーシック手術を受けられるかどうかを知らないままで・・・。

今は多くのLASIK専門病院で「無料の適正検査」を簡単に受けられます。

行動せずして「悩み」を打破する困難は皆さんも充分経験されていると思います。

ですから、自分の体を良く理解するためにも、こういった無料の適性検査を活用することは賢い行動のひとつだと思います。

そして、その上で、LASIKのことを正面から、冷静に、考えてみて欲しいと思っています。



□□□□□□□□□□ <レーシック失敗&成功 体験事例集> □□□□□□□□

@品川近視クリニック A錦糸眼科 B神奈川クリニック眼科 C神戸クリニック

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

レーシック手術の成功・失敗 コンタクトレンズの眼障害発生 統計

レーシック手術の成功・失敗 コンタクトレンズの眼障害発生 統計

コンタクトレンズ(CL)には酸素透過性のハードタイプと通常のソフトタイプ、そして使い捨てタイプの3種類があります。

全国で1500万人といわれるコンタクトの装用人口のうち、年間で150万件の眼障害患者が発生していると言われています。

実に10人に1人の割合です。

例として、日本眼科医会が平成15年に発表したコンタクトレンズのタイプ別による障害と発生率を示します。

HCL:ハードタイプ SCL:ソフトタイプ

眼障害件数 年間推定障害数 装用者 年間発生率
ガス(酸素)透過性HCL 130 1560 27956 5.6
通常のSCL 102 1224 10991 11.1
1日タイプSCL 22 264 8092 3.3
1週間連続装用タイプSCL 6 72 481 15.0
2週間交換タイプSCL 153 1836 19171 9.6
合計 413 4956 66671 7.4

この結果から見ると、明らかに1日使い捨てタイプがリスクが小さいことがわかります。

1日使い捨てタイプは毎日、無菌梱包の袋から取り出して使用し、その日の夜には捨ててしまうわけです。

よって、コンタクトレンズに汚れが付くリスクが、他より格段に低いのです。

レーシックを受けたいと思っている方に「1日使い捨てタイプ」が好ましいと言われているのは、眼障害がレーシックを受けられなくするケースもあるためです。

諸般の事情で「1日使い捨てタイプ」が使えないこともあります。

ただ日頃から眼を保護しておく習慣は、レーシック受診に関わらずぜひ身につけておきたいものです。

上記のデータは、その点でも自分がおかれているリスクを知ることが出来るわかりやすい結果だと思います。





レーシック手術の成功・失敗 情報・体験 >> トップページへ




↑レーシックに関する書籍も豊富



エコバッグ
エルメス
ネックレス
ダイエット
簡単ダイエット
ダイエット・レシピ
レーシック失敗
節約通販
2ショット チャット
通販節約
節約通販ブログ
節約通販卸値
中古 ブランド品(アウトレット)
コスメ 簡単
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。